きらら(ザ・ノンフィクション)の本名や経歴は?地下アイドルの収入は?

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

おはようございます!

ゆりおです(^。^)

 

 

 

 

2月12日(日曜日)放送の『ザ・ノンフィクション』

ですが、今回はちょっと内容がヘビーなお話し

かもしれません。

主人公は、地下アイドルをされている『きらら』

さん。

このきららさんですが、実は、ザ・ノンフィク

ションへのご出演は今回が初めてではないんで

すね。

 

 

 

 

2016年の7月にもザ・ノンフィクションの

「だから、アイドル。~TOKYO不思議の街の住人

たち~」の回にご出演されて、大きな反響を呼び

ました。 いわば、その後の「きらら」さんと追い

かける続編です。

 

 

 

 

まだまだ謎の多いきららさん。

その本名や経歴、そして地下アイドルの収入は

どうなのでしょうか?

いろんなことが気になるきららさん38歳について

ちょっと見ていきたいと思います。

スポンサードリンク


■ きららの本名と経歴(プロフィール)は?

 

もうお気づきの方もいらっしゃるかもしれません

が、 きらら38歳(昨年放送時)は、男性です。

 

 

本名は、大浦忠明さんといいます。

生まれ:1978年?

出身地:埼玉県桶川市

学歴:芝浦工業大学卒

 

 

 

 

今は地下アイドルをされていますが、

芝浦工業大学って、理系で頭脳明晰なイメージが

あります。

 

 

ちなみに、芝浦工業大学の偏差値は、どれくらいなのでしょうか?

だいたい偏差値55~57くらいのようですね。

 

 

理系は専門性が高いので、ぱっと見よく分からない

かもしれないので、分かりやすく文系の大学で

例えるとするならば、成城大学、成蹊大学、明治

学院大学、このあたりの大学と同クラスと考え

ると分かりやすいかと思います。

 

 

MARCHにはちょっと偏差値で届かないかな?

くらいかと思います。

 

 

話しはちょっと逸れてしまいましたが、

要はお勉強の出来る方なんですね。

大学をご卒業後は、その経歴を活かして

企業に就職して、技術者として働いていたようです。

 

 

とはいえ、きららさんは性同一障害であることを

20代前半に気づき、自身のからだにもメスを

入れることになったそうです。
そんな経緯もあって、ご両親ともうまくいかなく

なり勘当されてしまう事態に・・・

 

 

 

 

 ■ きららの地下アイドルの収入は?

地下アイドルの収入は一般的にかなり厳しいのが

現状です。

地下アイドルの主な収入源は、ライブごとに行う

チェキ撮影とか(相場は500円程度)、あとは

チケットバックです。チケットバックもせいぜい

500円~1,000円程度と言われていますので

これだけでは苦しい生活になります。

 

 

 

 

なので、中には自分の思い出の品を全て

ファンに売ってお金に変えるなんてのも

よくあるお話しみたいです。

幼少期の写真とか、通知表のコピーとか、

なんでも売る精神ですね。

 

きらら(ザ・ノンフィクション)の事故その後と現在は?貧乏と生きかたも!

 

 

■ きららとザ・ノンフィクション

 

 

そんな折り、アイドルのライブを観に行ってた

きららさんとフジテレビのスタッフが2015年

に知り合うことに。

フジテレビとは、そこからのお付き合いが始まり

実に1年半もきららさんを密着取材しているよう

です。

 

 

 

 

ザ・ノンフィクションは、ゆりおも好きで

よく拝見しますが、何年も前から密着してる

方もいて、ほんとに地道に取材をされているん

だなぁーといつも感心しながら観ています。

 

 

 

 

さて、前回の放送では、金銭的にかなり逼迫した

様子もあったり、また鳥のエサを食事にしたりとか。

そんなちょっと危険な感じもありましたので、

今回の2017年2月12日の放送では、

もう少し安定的に好きな事がやれていたら

いいなー?と思います。

 

 

 

 

そんなことを思いつつオンエアーを

待ちたいと思います。

【ザ・ノンフィクション関連】

武居由樹(よしき)と古川誠一の軌跡をノンフィクションが紹介!所属も!

小坂宗司の年収やwikiプロフィールを調査!ザ・ノンフィクションその後!

遠藤聖大の経歴(プロフィール)と結婚は?ザ・ノンフィクションの現在は?

最後までおよみくださり

ありがとうございました(^。^)

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー