きらら(ザ・ノンフィクション)の事故その後と現在は?貧乏と生きかたも!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

こんばんは~

ゆりおです(^。^)

 

 

 

 

2月12日(日曜日)の「ザ・ノンフィクション」

の放送は、ちょっと衝撃的な感じでした。

今回のきららさんの反響も凄かったようです。
あまりに人が良すぎて、他人から借金を背負って

しまうきららさん。

 

 

 

 

そんな状態なのに新聞屋からの勧誘も断れず・・・

家には新聞が2誌も山積みです。

お金が無いにも関わらず、そんな感じです。

 

 

 

 

それでもギリギリの生活を支える為に

華奢な身体を酷使して、解体現場で肉体労働。

きららさん以外は、全員がガタイの良い外国人。
見ていてかなり無理しているな~って感じでした。

 

 

 

 

きららさんなら、芝浦工業大学卒の学歴があります。

学歴が直接有利に働くか?は別にしても

頭脳を活かして、もっと日給の良い仕事なんて

いくらでもあるのに?なんで?

そんな気になります。

年齢的にもアラフォーだし、キツイでしょうね~。

 

 

 

 

そして、地下アイドルのライブを観に行くうちに

いつしか、きららさん自身が地下アイドルとして

ステージに立っていました。

 

 

 

 

でもその衣装が、包帯ぐるぐる巻きの

サンタクロース姿!

サンタクロースが屋根から落ちて

ケガをした設定らしいんだけど・・・

イマイチ理解に苦しみました笑。

 

 

 

 

そして、その後、

サンタクロースが自分の未来を暗示していたの?

と思わせるような出来事が起こるわけで。

なんと、アルバイトで3mの工事現場から転落!

粉砕骨折で約1ヶ月の入院。

 

 

 

 

その結果、解体現場での日給が7,000円から

5,000円に降格。

なんで、こうなっちゃうのかな?

なんか切なくなっちゃいました、きららさん。

スポンサードリンク


その後は、新宿歌舞伎町のショーパブ「バレル」に

きららさんは、自分の居場所を見つけます。

 

 

 

 

お店のスタッフさんにも真面目な勤務ぶりが

認められて、なんだか楽しそうなきららさん。

良かったじゃない!きららさんって思わず

心の中で呟いてました。

 

 

 

 

そして、一度は辞めようとしていたバレルですが

これまた、ここの店長さんがとっても良い方で!

 

店長:「今なかなか世間にない真面目さというか、

一度辞めたいという申し出もあったんですが、

僕らがきららにいてほしいって気持ちを伝えて」

 

 

きらら:「そうやって人に求めてもらえるっていうのは

嬉しいんで、ではやらせてもらえますか?」
ということで今に至ったそうですね。

 

 

 

 

それどころか、仲間はきららを祝う

きらら生誕祭まで企画してくれたんですね~。
しっくりくる生きかたができたと

思ったのですが・・・

 

 

 

 

でも、ブログのアクセスが10万超えだとかで

生活が潤ったことで、

バレルの仕事をセーブ。

 

 

 

 

調子に乗ってるかもしれないけれど、

それでいいんですというところでしょうか。

大丈夫かなぁ~きららさん・・・

身体を壊さないように、頑張ってください。

 

 

 

 

最後までお読みくださり

ありがとうございました(^。^)

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー