加山雄三の母親や父親と子供をチェック!家系図とかつら疑惑を調査

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

家の近所はもちろんのこと、

ちょっとした外出先なんかでも、

つい立ち読みなんかでコンビニに

寄ってしまいます。

 

 

 

そんな雑誌コーナーで僕の好きな雑誌

の一つ「Gainer・ゲイナー」をそういえば?
最近見かけないよなぁ~?

 

 

なんて思っていた今日この頃~
あれれ・・・

もしかして?・・・

なんて思って、ググってみたのです。

 

 

そしたら、なんと?!休刊していた!!(既に過去形です・・)
立ち読みもしますが、気になる記事がある号は

もちろん買って読んでいたんですね~

 

 

最近、出版業界も厳しいとかで

他にも休刊誌はちょいちょいありますもんね。

 

でも、ゲイナーにいたっては、創刊から実に

26年も続いたいわば老舗のような雑誌。
当初は、30代以降のビジネスマンをターゲットに

ビジカジを中心に展開してて

好きだったんだけどなー

 

 

創刊当時は、キムタクや福山が

表紙を飾ってきて人気あったんだけどね。
時代の流れとはいえ、残念な限りです・・
そんな事思ってたわけですが

 

 

僕が今日調べてみるのは・・・
10/6(木曜日)の19:30~

NHK総合で放送される

ファミリーヒストリーで特集される
加山雄三について調べてみました~

 

■ 加山雄三の母親と父親と子供について~

 

%e3%81%8b%e3%82%84%e3%81%be

 

 

加山雄三さんと言えば、言わずとしれた

芸能一家ですね。

 

スポンサードリンク


母親は、小桜葉子(こざくらようこ)という方で

女優さんです。
1918年・東京のお生まれです。
父親は、若い方は知らないかもしれませんけど、

大物俳優の上原謙さんです。
1909年・東京のお生まれです。

 

上原謙さんと言えば大学を卒業後に

松竹に事務所入りして俳優業をスタート

させています。
このご両親から、1937年に加山雄三さんが

めでたく誕生されたわけですね。
まさに、芸能界のサラブレッドの

誕生ですよね。
ところが、その後

母親の小桜葉子さんは
1970年5月12日

満52歳の若さでお亡く

なりになります。
そして、加山雄三さんの母親

小桜葉子さんと死別した後の

1975年には歌手の大林雅美さんと

上原謙さんが再婚します。
そして、1女を授かった後

1991年に離婚に至っています。
そして、その年の11月に大林雅美さんが

お亡くなりになります。

享年82歳でした。
こうやってみると、激動の人生、

激動の家系のようにも見えます。
加山雄三さんの子供についてですが~
子供さんは、全部で4人いるそうです。

 

息子さん2人と娘さん2人の構成です。

 

「長男の池端信宏さん」は

 

あまりテレビには

出ていませんが、多才な方のようです。
画家、作曲家、CGデザイナー、花火師、

これだけの才能をお持ちのようです。
特に有名なのが、長岡の花火大会を

総合プロデュースしたそうです。
それにしても、

全く違うジャンルに

才能を持っているのが凄いですね!

 

 

「次男の山下徹大さん」

は、俳優としてドラマ・相棒など

数々の作品に出演されてご活躍中です。

 

 

 

 

「長女の梓真悠子さん」

は、料理研究家とタレントさんを

されているようですね。

 

 

 

 

「次女の池端えみさん」

は、読者モデルから女優さんになられて

アメリカに在住のようですね。

 

 

 

 

■ 加山雄三の家系図とかつら疑惑について

 

 

母親の小桜葉子さんの家系を辿って

いくと、昔の500円札の肖像画の

岩倉具視にたどりつくそうです。

 

 

 

 

なかなか凄い家系なわけですね~

そして、加山雄三さんのかつら疑惑ですが・・・

確かに一見してみたところ

かつらっぽい感じの髪型をされていますよね。

 

 

 

 

でも、そうはいっても

よく街でみかけるオジサンのかつらと

比べてみると、しっかりした自毛に見えますね。

 

 

 

 

あくまで疑惑はあるものの、確率的には

自毛ではないかな?と思われます。
ご年齢からしたら、まだまだお若い

加山雄三さんについてでした~

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー