睡眠負債を溜めない方法とリスクチェックは?解消法や症状と影響も!

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

こんばんは~

ゆりおです!

6月18日(日曜日)は、

忙しいサラリーマン必見の

NHKスペシャルで特集が組まれる

ほどの注目の内容です。


「睡眠負債が危ない」です。
この聞きなれない睡眠負債って
なんなんでしょうか?

 

 

 

 

睡眠負債が私たちにもたらす
悪影響や症状などもいろいろと
まとめてみたいと思います。

 

 

 

 

睡眠負債とは?なに?

睡眠不足は日々どんどんと溜まっていくもの。

文字どおりお金の負債に例えた言葉なんですが

蓄積した睡眠不足を指しています。

 

 

 

 

睡眠不足が続くと脳の働きも悪くなりますし、

仕事や主婦であれば家事の効率や仕事量に

影響が出てきます。

では、睡眠負債が蓄積してしまうと

どんな状態に陥るのでしょうか?

 

睡眠負債が大きくなればなるほど、それを返済させようとする圧力が高まり、

脳はさかんに「眠れ」という指令を出すようになります。

授業中や会社での居眠り、電車でのうたた寝などは、

夜寝る以外の場面で睡眠負債を返済する行為です。

結果、学業や仕事に影響がでるだけでなく、マイクロスリープ(微小睡眠)を

誘発し大きな事故を起こす危険性が増大するのです。

睡眠負債の特徴は「眠る以外の方法で返済することはできない」

ということです。

睡眠負債は借金の利子のように絶えず蓄積し続けるものではありませんが、

最低2週間分の負債までは脳(体)が覚えているのです。

引用元:http://igot-it.com/suiminhusai-6380.html

 

 

 

 

こういったことって誰にでも日常的に
起きてたりしませんか?
まさに私自身にもこういったことってよくあります。

 

 

 

 

自分の場合は、夜に仕事や趣味などでやりたいことが

たくさんある為に、それをこなすことを優先するので

結果的に睡眠不足かな?と思うことはよくあります。

ただ、それって誰しもが経験あると思うんですが、

日中デスクワークでひたすら座って

PCに向かう仕事をしたいると
特にランチ後なんかは、もうどうしようもなく

眠い眠い眠い・・・

って状態になります。
こうなるともうダメ。

 

 

 

 

コーヒーを飲もうが、目薬を挿そうが、

あまりにひどいと

メガシャキを毎日のように飲んだりしています。

でもこれって、一瞬だけ覚めるんですが、

結局また一定時間、眠い眠い眠いの繰り返し。

 

 

 

 

たまに、自分はもしかしたら

睡眠時無呼吸症候群なのでは?

とか色んな不安になることもあるくらい

ひどい時もあったりします。

 

 

 

 

確かに、ここにも書いてあるように
「眠る以外の方法で返済することはできない」

これがまさに負債の部分ですね。

 

 

 

 

だとすると、カフェインで回復しようと

してもある種、焼け石に水って事なんでしょうね?
ここの部分も、NHKの番組内で詳しく

解き明かしてくれそうなので、

オンエアーを興味深く待ちたいと思います。

スポンサードリンク

睡眠負債を溜めない方法と解消法

 

 

解消法は主に3つ
① 休日に長めに睡眠をとる
② 昼寝を活用する
③ 仮眠をとる

 

 

①について

人間は寝だめというのはできません。

なので、平日の睡眠不足を土日で長めに
眠ることで解消することは可能です。

この場合は、土日休みのお仕事を

されている方をさしますが。

 

 

 

 

ですが、多めに眠ったとしても

それは眠りの貯金としては
貯まりません。
方法としては、体内時計を狂わせない

ように普段よりは1時間長くする

くらいがベストです。

 

 

② 日頃の睡眠不足解消には、夕方までに

20分程度の昼寝をするか、午前中に80分程度の

仮眠をとることが良いです。

 

 

③ 仮眠をとることは重要で、椅子に座った

ままで短い時間眠るだけでも

その後4~5時間の眠気が和らいだり、

集中力が増したり、疲労感も減少します。

 

 

 

 

私の場合は昼間の仕事の事情から

なかなか、一人で寝る場所や

タイミングがないので、

土日の休みの日に

平日よりも多く睡眠をとって

睡眠負債を返済するように

心がけてやってみようかなと思います。

 

 

 

 

いやーほんとに毎日寝不足なので

オフィスで睡魔を我慢するのが

地獄の苦しみなんですね。

仕事のミスも多くなりますし。
これで負債を返済出来るなら

やる価値ありそうですね。

 

 

 

 

最後までお読み下さり

誠にありがとうございました(^。^)

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー