ヒルナンデスの女性タレントXは誰?小島瑠璃子の説とアスリートの流出画像も!

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

こんにちは~

ゆりおです!

お昼の人気バラエティ番組

『ヒルナンデス!』に出演している

女性タレントXの男性とのベッド写真が

流出していると話題になっていますね!

 

今回はその女性タレントXって

いったい誰なのか?

女性タレントXの正体は?

とっても気になる話題です。

 

 

しかも、今回写真流出がもし

したとすると芸能界に激震を

与えるといった

とにかく表沙汰になったら

大大大スクープであることは

間違いないようなんですね。

 

 

女性タレントXが誰か?

まとめて見たいと思います。

 

 

サイゾーウーマンが掲載した注目の記事とは

 

サイゾーウーマンでは

業界激震の内容として

報じられている。

 

CMドラマ、バラエティまで幅広く活躍する有名女性タレント・Xの“全裸写真”の

存在が、マスコミ関係者の間で取り沙汰されているという。

流出経路は不明だが、現物を確認したという芸能記者によれば

「どうみてもX本人で、アスリート風男性とのツーショット

写真が大量に存在する」そうだ。果たして、その真相は――?

SNSの発展によって、アイドルにアナウンサー、モデル、

役者まで、芸能人の写真流出は増加傾向にあり、

その内容は過激さを増す一方だ。そんな中、

現在出回っているXの写真は、「過去最大級の衝撃度」

(前出・記者)だという。

引用元:http://www.cyzowoman.com/2017/07/post_147117_1.html

 

 

ここまで衝撃の事実が情報として

出回っているのに、

女性タレントXが所属している

大手プロダクションですらも、

今回の件は知らないようです。

 

 

でも、正直そんなはずはないだろう。

と思ってしまいます。

女性タレントXの正体の情報は

瞬く間にネット上をかけ巡って

いる状態。

 

 

いくらなんでも

大手芸能プロダクションが

今回の件を知らないはずは

ないと思うんだが。

 

 

お相手の男性はアスリート風の

男性との2ショットが流出して

いるそうなんだが。

 

この女性タレントXは

クリーンなイメージで売っている

女性タレントなので

この事実が世間に拡散したら

間違いなくタレントの

イメージダウンは必須でしょうね。

 

 

世間を騒がせた

ベッキーを見るにつけ

未だに不倫前の状況とはほど

遠い、寂しいお仕事の状況ですもんね。

あーなるともうイメージダウンが定着し

もう人気の復活は厳しそうです。

スポンサードリンク

女性タレントXはいったい誰なのか?

 

ヒルナンデスの女性陣の中に

スキャンダルの主役が潜んでいる

といったところですね。

 

レギュラー陣というと~

 

・佐藤栞里

・小島瑠璃子

・水卜麻美

・マギー

・藤田ニコル

・SHELLY

・友近

・河北麻友子

・久本雅美

・ハリセンボン

・メイプル超合金 

・安藤なつ

・いとうあさこ

・森三中

 

この中でタレントとして

クリーンなイメージ!

そしてこのスキャンダルが

バレたとしたら

過去最大級の衝撃を受ける

女性タレントXって

 

・・・誰なんだろうか?

 

その人物こそ

小島瑠璃子さんでは

ないのか?

といった説が飛び交って

いるようなのだ!

 

 

これほんとだったら

マジやばいおはなしですね!

 

ベッキーが不倫騒動で

芸能界から一時期

身を引いていた頃、

ポストベッキーのポジションと

してレギュラー番組を

多数抱えていることは

お馴染みなところだ。

 

 

河北麻友子や

佐藤栞里といった

女性タレントもXの

可能性を秘めていることは

確かなんだが、

仮にこの2人だったと

しても過去最大級の衝撃かと

いったら、そうでもないような。

 

アスリート風男子とは誰のこと?

 

こちらもこじるりのお相手として

噂されているのが

サッカーFCケルンに所属している

長澤和樹選手なんだとか?

 

 

小島瑠璃子さんと

長澤選手との接点はどこなのか?

現時点では断定はできないが

小島さんがスポーツキャスターも

努めているので

その取材でどこかで接触する

機会がきっとあったのでしょうね。

 

 

最後まで

お読み下さり

誠にありがとうございました(^。^)

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー